フェムテック専門のプレスリリース&企業情報サイト

REPORT/記事一覧

CATEGORY

アンケート調査

吸水型サニタリーショーツの認知度、7割以上に。ベアジャパンが初めて「吸水型サニタリーショーツ市場調査」を実施。

株式会社Bé-A Japan

2021.11.16 13:00

超吸収型サニタリーショーツブランド「Bé-A〈ベア〉」を展開する株式会社Be-A Japan(東京都渋谷区、代表取締役:山本未奈子、髙橋くみ)は2021年8月、18歳〜49歳の女性2,032人を対象とした「吸水型サニタリーショーツ市場調査」を初めて実施いたしました。

「使い捨て」の時代から変革期を迎えているサニタリー市場

ファッション業界は世界で第2位の汚染産業であり*¹、かつ、世界の使い捨てプラスチックによる海洋ごみの第5位はなんとサニタリー用品*²です。これまでタブー視されてきた生理用品の議論ですが、吸水型サニタリーショーツの登場を機に脱プラスチック、よりサステナブルな選択肢が浸透していくことが期待されています。

そんなESGやSDGsといった時代の価値観の後押しもあり、環境負荷改善の観点からも高い注目を集める「吸水型サニタリーショーツ」。ショーツ本体の吸収体が液体を吸水し、ショーツによっては穿き替える手間がなく、繰り返し洗って使え、プラスチックごみを出さないことから、近年注目が集まっています。

そこで今回は、株式会社Be-A Japanが株式会社ネオマーケティングに調査を委託し、初めてとなる吸水型サニタリーショーツ市場調査を実施いたしました。是非、報道等の一資料としてご活用ください。

記事一覧にもどる

情報提供元:PR TIMES

twitter