フェムテック専門のプレスリリース&企業情報サイト

REPORT/記事一覧

CATEGORY

その他

生殖再生医療のDioseve(ディオシーヴ)、シードラウンドで4.0億円の資金調達を実施

株式会社Dioseve

2022.08.18 09:00

- iPS細胞由来卵子の開発に向けて採用を強化 -

株式会社Dioseve(本社:東京都文京区、代表取締役 岸田和真、以下「当社」)は、ANRIをリード投資家としてCoral Capitalを引受先とするシードラウンドの第三者割当増資により総額4.0億円の資金調達を実施いたしました。会社設立時のANRIからの資金調達と合わせて累計の調達額は4.2億円となります。

当社の独自技術であるDIOLs(Directly Induced Oocyte-like cells)は、当社共同創業者であるUniversity of Washington/HHMIの浜崎伸彦氏らが発明した基盤技術です。本技術はiPS細胞*1を短期間で効率的に卵子(卵母細胞)*2に分化誘導することができる画期的な発明であり、国際学術雑誌nature*3に掲載された新規性の高い技術です。当社は本技術を応用することで、不妊治療を望む女性に新たな治療法を提供することを目指します。

記事一覧にもどる

情報提供元:PR TIMES

twitter