フェムテック専門のプレスリリース&企業情報サイト

REPORT/記事

CATEGORY

イベント

「自分の目で見て知ることで、タブー視から脱却」と社員の声 「J:COM meets Femtech!」  男性社員が発起人、ボトムアップ型フェムテックイベントを初開催

J:COM

2024.03.22 10:00

「自分の目で見て知ることで、タブー視から脱却」と社員の声 「J:COM meets Femtech!」  男性社員が発起人、ボトムアップ型フェムテックイベントを初開催

伊藤千晃さんと推進メンバー

本イベントは、家族の健康課題に直面した男性社員が発案し、有志社員16名の自発的な活動・推進により実現したものです。事前に社内で実施したアンケートによると、健康不調を感じたことがある女性従業員は約8割に達する一方、解決方法としては「市販薬を利用する(29%)」についで「我慢する(25%)」が高く、またフェムテックの認知度が半数を下回るなど、女性が生き生きと安心して働ける環境への課題がありました。

“一人ひとりが自分や周囲の人たちの健康に向き合ってほしい”という推進メンバーの想いから、従業員向けウェルビーイングの向上はもちろん、フェムテック市場を知り新たな事業を考えるきっかけづくりの場として開催し、従業員約110名が参加しました。

記事一覧にもどる

情報提供元:PR Times

この記事の企業をCHECK!

PICK UP