フェムテック専門のプレスリリース&企業情報サイト

REPORT/記事一覧

CATEGORY

その他

福島国見町で持続的に成長し、女性活躍のモデルケースともなる会社を作るために。陽と人がゼブラアンドカンパニーからの1,000万円の資金調達に基本合意

株式会社陽と人

2022.02.03 09:00

本調達によりデリケートゾーンのトータルケアブランド『明日 わたしは柿の木にのぼる』の事業を推進

株式会社陽と人(ヨミ:ヒトビト、本社:福島県国見町、代表取締役:小林味愛、以下陽と人)は株式会社Zebras & Company(ヨミ:ゼブラ アンド カンパニー、本社:東京都港区麻布十番、代表取締役:阿座上陽平、陶山祐司、田淵良敬、以下Z&C)からの1,000万円の資金調達に対する基本合意書を締結致しました。
 Z&Cは2021年に発足した「ゼブラ企業」への投資や経営支援を行う会社です。社会課題の解決と自立的経営の両立を目指す「ゼブラ企業」を増やし、持続的な社会のあり方を模索し社会実装することを目指しています。
 陽と人は、両者の理念への共感の高さ及びZ&Cの力を得ることでより良い成長を目指すことができると判断し、今回の合意となりました。「地域にとってどのようにしたら持続可能な企業となるのか」を突き詰め実行していくために、企業としてのガバナンス・資本政策はもちろん、今後様々な新しい仕組みをZ&Cと共に作り、適正規模の成長と社会課題の解決の両立を進めて参ります。

記事一覧にもどる

情報提供元:PR TIMES

twitter